トップページに戻ります 「リンク集」へ 市民測定所に関わるよくある質問と回答 測定データや関連の資料があるページ 「論文書庫」のページへジャンプ 京都市民放射能測定所ブログにジャンプ
食材の放射能測定ができる市民測定所ができました

測定予約   |  最新ニュース    |  開所日・予約受付のお知らせ  |  会員募集

導入する機器はベラルーシATOMTEX社のヨウ化ナトリウムシンチレーターAT1320A
測定器は、ベラルーシATOMTEX社
ヨウ化ナトリウムシンチレーターAT1320A

<あなたもぜひとも会員に! 内部被曝を防ぎましょう!>


 福島原発事故による放射能汚染は広範囲に広がり、私たちは放射能と向き合って生きていくことを余儀なくされています。政府が定める「基準値」以下の汚染食品が全国に流通し、大人も子どもも内部被曝を強いられています。
 こうした状況の中で、市民自らが放射能を測定し、放射線防護の知識を身につけ、正しく判断していくことが必要となっています。私たちは、そのための「ツール」として、関西初となる市民放射能測定所を2012年5月19日にオープンいたしました。
 京都でも、流通している加工食品等から放射性セシウムを検出することがあります。市民による監視の重要性を痛感しています。市民による放射能測定の全国的な取り組みは「すべての食品の放射能測定と公表」という大きな目標を実現する力になります。
 あなたも会員になって、市民の力で内部被曝から命とくらしを守りましょう!


5月13日(日)開設6周年のつどい、ぜひご参加を!

 会員のみなさま、ご支援くださっているみなさま。
 この5月で当測定所も開設6周年を迎えることになりますので、記念のつどいを開催します。

 京都・市民放射能測定所 開設6周年のつどい
 5月13日(日)13時30分~17時
 こどもみらい館・京都(地下鉄丸太町駅下車)

 ぜひご参加ください。

 大飯原発が再稼動しましたが、事故が起これば、京都が汚染地域となり、京都の私たちが被害の当事者になります。なので、これまで原発の規制基準と避難計画の問題点を詳細に検討し、警鐘を鳴らしてこられた市川章人さん(京都自治体問題研究所)につどいの講師をお願いしました。他にも当測定所の取組み報告と会員総会、放射線の健康影響についての講演などを企画しています。

 原子力規制委員会の放射線審議会は3月2日、放射線被曝の基準を緩和する検討を開始しました。これまでは空間放射線量「毎時0.23マイクロシーベルト」が年間追加被曝1ミリシーベルトに相当すると計算していましたが、更田委員長は計算式を変えて、「毎時1マイクロシーベルトの所で生活しても年間1ミリシーベルトに達しないように計算しよう」と言うのです。汚染の実態を消し去り、市民に被曝を強要するものに他なりません。
 このような危険な情勢の中で、市民の測定所が果たすべき役割を再確認できるつどいにしていきたいと考えています。

 ぜひ、多くの方のご参加をお願いいたします。

2018年4月5日
京都・市民放射能測定所 事務局長 佐藤和利

 会員更新手続き(年会費納入)のお願い
 三条御前測定依頼所への測定依頼について(メールでの予約)
 測定依頼書をダウンロード
    (右クリックのメニューから「対象をファイルに保存」を選択し任意のフォルダにダウンロードして下さい)
  測定予約 (Web予約システム)


最新ニュース
その他のお知らせは こちら 

開所日・予約の受付のお知らせ
予約受付:075-622-9870 / 日・土 10時~14時30分 水 13時~16時
4月 5月
           
  11 14 6 9  
  18     16  
22 25 28 20 23 26
        30  
 

●予約枠

 測定枠は1検体1時間30分です。(測定時間は1時間):10時~、11時30分~、13時~、14時30分~
   水曜日      :13時~、14:30~ (2枠)
   
土曜日日曜日:10時~、11時30分~、13時~(3枠)
 ※ 閉館日(カレンダー空白)は電話予約受付もしておりません。

   測定予約
  


●市民放射能測定所へのアクセス
 京阪本線・近鉄 丹波橋駅「東口」下車徒歩1分 アクセスマップ (PDF)
  
※駐車場はありません。周辺のパーキングをご利用ください。


 PAGETOP
京都市民放射能測定所 連絡先
 〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105号室
  tel/Fax:075-622-9870  e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp