トップページに戻ります 「リンク集」へ 市民測定所に関わるよくある質問と回答 測定データや関連の資料があるページ 京都市民放射能測定所ブログにジャンプ 会員の方はこちらから測定予約ができます


「原爆と原発」「放射能と人体」著者・カナダ在住の科学者
落合栄一郎さんの講演会


「原爆と原発」「放射能と人体」著者で、カナダ在住の科学 落合栄一郎さんが来日されます。講演をお願いしたところ、快くお引き受けいただきました。またとない機会ですので、ぜひ講演会にご参加ください。
狭い会場しか確保できなかったため、先着35名さま締め切らせていただきます。

 ※ 受付は終了しました。当日申し込まれた皆様とお会いできることを楽しみにしております。


京都・市民放射能測定所 講演会

「放射能の脅威―放射線は人類を滅ぼす」

●講師:落合栄一郎さん
 (「原爆と原発」「放射能と人体」著者・科学者)

●日時 2016年10月23日(日)
 13:30開場・14:00開会・16:30終了
●場所 京都市呉竹文化センター第2・3会議室
         (京阪本線・近鉄京都線「丹波橋駅」西口すぐ)

●参加費  一般700円、会員・避難者・学生500円

●申込み 必ずメールで申し込んでください。
      (定員35名・先着順)
申込先アドレス  shimin_sokutei@yahoo.co.jp
10/23講演会のお知らせ PDFが立ち上がります
↑ クリックするとPDFで読めます

●タイムテーブル
 14:00 開会あいさつ・講師紹介
 14:05 落合栄一郎さん講演「放射能の脅威―放射線は人類を滅ぼす」
     1部「放射能問題―その影響の概要」(40分)・質疑応答(25分)
     *10分休憩
     2部「放射能問題の基本的なこと―科学的な話」(40分)・質疑応答(25分)
 16:15 歓迎の言葉
 16:30 閉会あいさつ・感想アンケート記入

     *終了後、懇親会を予定しています。


●落合栄一郎さんのプロフィール
 1936年東京生まれ。東大工学博士、東大助教を経て、カナダ・ブリティッシュコロンビア大、米ペンシルベニア州のジュニアータ大などで化学の研究と教育に従事。生物無機化学を専攻。退官後は、カナダへ。バンクーバーにて原爆展を組織するなど反核・反原発の運動を進める。専攻分野の著書(英文)5冊、原爆・原発関係の著書は「放射能と人体」(講談社、2014年)など3冊(うち英文1冊)。他に「病む現代文明を超えて持続可能な文明へ」他に「病む現代文明を超えて持続可能な文明へ」(本の泉社、2013年)。
●講演要旨

 ・第1部 放射線の健康への影響
 放射線による健康障害がどんなものであったかを、原爆、原爆実験、原発事故などの事例を復習し、現在福島事故後にどんなことが起っているかを見てみる。
・第2部 どうして放射線は生命に悪影響を及ぼすのか
 放射線被曝という現象は、10Sv=10J/kgという小さなエネルギーで、人間が即死させられることに代表される一見奇妙な現象である。このエネルギー値は、我々が1日に食べる2000キロカロリーの約1万分の1である。だから、被曝していても人は気がつかない。なぜか。どのぐらい低い線量まで危険なのか。安全な被曝線量はあるのか。そもそも被曝線量とはなにか。などなどの、放射線被曝の健康への影響の基本的なことを考えてみる。

 PAGETOP
京都市民放射能測定所 連絡先
 〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105号室
  tel/Fax:075-622-9870  e-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp